2015
04.23

角質培養が流行らない理由

角質培養って、なんか難しい事をするイメージが有りますよね。
しかし、本当のところはそんなことなく、非常に簡単なのです。

それなのに、角質培養から本当の効果を実感することが出来る人は少ないのかもしれません。
一度は試したことがあるけど、結局あまり効果が無いのでやめてしまう人が多いのです。

どうしてそうなってしまうのでしょうか。

角質培養は、ある程度の期間続けないと効果が無いからです。
効果がないだけではありません。

肌の調子が悪くなっているとさえ感じてしまうこともあるのです。

洗顔をしますが、石鹸などで殺菌しませんから、脂分は残り安くなります。
脂分は残りやすいというか、確実に残るようになるのです。

脂分が残るということは、それが毛穴の中などに入り込んで角栓などが出来てしまいます。

この段階で多くの人が角質培養をやめてしまうのです。
しかし実際は、これれは角質培養の効果を実感する際に通らなければならない道なのです。

殺菌を行い続けますと、結果肌を傷めます。
肌が傷んでしまっているようでしたら、ある一定期間肌を休ませないと、肌は健康な状態に戻ることが出来ません。

角質培養を成功させたいなら、最低でも3ヶ月はこうした状態を耐えることが出来なければなりません。
本当に健康な肌を手に入れたいなら、忍耐しましょう。
角質培養どのくらいで効果がでる?

2015
02.12

角質培養中の洗顔

角質培養とは、お肌にあまり刺激を与えないようにするために、何もしないようにするという方法をとります。
いわば放置するわけです。

化粧が一番肌を傷めているといいますから、化粧も最低限にして肌を復活させます。

角質培養中の化粧

できるだけ肌にやさしくというのがポイントとなります。

洗顔にも注意が必要です。
洗顔で角質が剥がれてしまうということがあります。
とくに弱り切った肌に、こすりはがすような洗顔をすることで、逆に傷めてしまうのです。

もちろん汚れが溜まってしまっては、お肌によくありません。
しかし、こすりつけるような洗顔は肌を傷つけてしまいます。

角質培養をしていても効果が半減です。
それで、角質培養をしているときは、洗顔を特に注意して優しく撫でるような洗顔方法をするようにしましょう。

水でさっと流す程度でもよいかもしれません。
肌本来の力を発揮してもらうのです。

汚れにも自ら対抗する力が肌にはあるからです。
水でさっと流すだけでよいかもしれません。

角質培養中は洗顔にも注意しましょう。

2015
01.16

角質培養中の化粧

角質培養中の化粧は?ノーメイクで何ヶ月もなんて無理無理!
化粧は肌を傷めます。

特にリキッドタイプのファンデーションは肌に浸透しやすく、角質培養中に使用するのはよくありません。
肌の小さな隙間にも入りやすく、角質をいためてしまうのです。

かと言って、化粧を全くしないのも、ちょっと現実離れしています。
であれば、化粧を少し減らせば良いのです。

目元などだけに少しの化粧をして、後は非常に薄めの化粧で対応しましょう。
化粧自体も肌をいためてしまうのですが、化粧を取るためのクレンジングも肌を悪くします。

ですから、クレンジングしなくても良いくらいの薄い化粧と理解してください。
どうしても化粧が取れなくて気持ち悪いようでしたら、その部分だけをクレンジングしましょう。

一度角質培養してしまいますと、肌が健康な状態に戻ります。
ニキビやその他の問題が起こりにくい肌に仕上げることが出来ます!

化粧クレンジングをしないような状態を維持することで、角質培養し、健康な肌を取り戻しましょう。

2014
12.26

角質培養どのくらいで効果がでる?

角質培養で、肌の健康を取り戻すことが出来ます。
そして角質培養とは、肌に何もしないことを言います。

化粧品などの使いすぎで悪くなった代謝を良くするために、休ませるのです。
非常に簡単です。
誰にでもできます。

角質培養は、どのくらいの期間行うことで効果が出てくるのでしょうか。
数日間の角質培養では、どうしても元通りにはなりません。

長い期間にわたって肌に刺激があり続けたことによって荒れてしまった状態を戻すわけですから、やはり期間もかかります。
その人の肌の状態にもよりますが、3ヶ月位続けてくると効果が次第に現れてくるようです。

お肌の張りが良くなってきたり、弾力が出てきたりするといいます。
10ヶ月くらい行うと、ニキビができにくくなったりとさらに肌の調子が良くなってきます。

根気強く行うことに意義が有ります。
普段から肌にやさしい化粧品を使っているようでしたら、ここまで長くなくても効果が現れてくるでしょう。

2014
12.09

角質培養をどのように行えば良い?

角質培養の効果的な方法をお教えしましょう。

まずは知っておくべきことがありますが、角質は洗いすぎることで落ちてしまうものです。
古い角質は落としてあげたほうがいいとよく言います。

しかし問題となるのは落としすぎてしまうこと。
そうすると、肌のバリアがなくなってしまい、肌は外の刺激から影響を受けやすい状態になってしまいます。

ですから角質を落とさないようにする角質培養が必要になってくるのです。
どのような方法で角質培養を行うのでしょうか。

とても簡単です。
化粧をなるべきしないようにするということです。
そうすると、化粧落としも自然と使わなくてよくなります。

化粧落としは角質を落としてしまうからです。
化粧をしないのがベストになるということですね。

また顔を洗うときには、優しく撫でて洗うようにします。
こすってはいけません!

このように、少し肌ケアをサボり、ノーメイクでいることが、最善の角質培養の方法なのです。